三国天武の主君のおすすめ武器装備はどれ?剣・弓・扇・錦衣。

三国天武 主君 おすすめ 武器 装備 剣 弓 扇 錦衣

三国天武には剣+盾、扇、弓の三種類の装備があります。

そして装備にはセット効果というものがあり、2つ装備で効果が一つ発動したりするのですが、その効果は装備によって様々です。

主君のタイプはアイテムを使うことによっていつでも変えることができますが、一体どれが一番おすすめの武器装備なのでしょうか。

武器別にご紹介いたします!

たったの5秒!今やっているゲームよりも面白いかもしれない三国志ゲームが遊べます。

本格三国志ゲームで、今やっているゲーム以上に面白いかもしれないゲームが、たった5秒で無料で試せるとしたら興味ありませんか?

今までの三国志ゲームとはまた違った雰囲気の「キングオブライフ」という三国志ゲームはダウンロード不要なので、5秒あれば遊び始めることが出来るんです!

キングオブライフのゲーム性は、国中の美女を探して子供を産んで、国を発展させてゆくという、全く新しいタイプの三国志ゲームです。

今までの三国志ゲームとは少し異なるシミュレーションゲームですが、もしかしたら天地の如くよりも面白いかも!?と感じています。

今遊んでいるゲームとキングオブライフを同時進行で遊んでいくというのもありですね!

今なら五虎大将軍のうちの一人の超強力な武将「黄忠」がスタート時に入手出来ますし、始めるなら絶対に今ですよ!

無料でゲームをプレイするには、こちらをタップ!(スマホ・PC・タブレットもOK)

 

もし仮に気に入らなかったら、すぐに遊ぶのをやめてOKなので、気軽に遊んでみてください〜。 無料だし、5秒でスタート出来ますので!

三国天武の主君のおすすめ武器装備はどれ?剣・弓・扇・錦衣。

天算(扇系)

アクティブ

天外炎隕で大地を壊し、クレーター範囲内の目標5体を焼いて毎秒410の火傷ダメージを与え、5秒持続する。

受動(15秒)

目標範囲で風雷を召喚、0.5秒ごとに近くの敵1体に509ダメージを与え、5秒持続する。

広範囲の敵を一気に叩くことが強みの装備です。

半面どうしても耐久面が弱いので、「幽明」「穹盧」をつけて回復するのもいいかもしれません。

こちらは敵を倒したら回復したり、稲妻によるダメージの30パーセントを自分の回復に割り当てることができます。

火力において一番のおすすめは「栖梧」ですね。

セット効果2で「アクティブスキルの点火した目標数が2増加(7体)」という効果を得ることができます。

また、「北冥」で「受動スキルの範囲が25%増加」もできるので、範囲を広げてガンガン戦いたいのであればこちらのふたつをおすすめします。

龍甲(剣系)

アクティブ

4本の囚龍鎖を召喚する。各鎖は1000ぐらいのダメージを与え、敵を6秒封鎖する。

受動(15秒)

スキル発動後、2900ぐらいのシールドを獲得し、12秒持続する。

とても守りが強い武器装備ですね。

「焚世」のセット効果2で「挑発範囲が50%増加」などもできるので、盾役として活躍したいのであれば「焚世」をおすすめします。

また、火力に不安があるようであればセット2で「アクティブスキルの封鎖する目標に対しチェーンシールド値の50%の追加ダメージを与える」ことのできる「武曲」をおすすめします。

アクティブスキルを有効に使っていきたいのであれば、「逆鱗」でアクティブスキルの囚龍鎖を1本追加召喚するのも手でしょう。

全体的に火力が心もとなくなるので、できれば「武曲」や「逆鱗」で火力の底上げをしたいところです。

逆鱗2、王道2、武曲2などがバランスがとれていて人気があるようです。

神射(弓系)

アクティブ

目標1体定めて、付近の目標2体に2200ぐらいのダメージを与える。

受動(15秒)

範囲内の目標6体に1100ぐらいのダメージを与え、範囲内すべての目標の移動速度を40%遅くし、8秒持続する。

なんといってもおすすめはセット1で目標を追加することのできる「追魂」でしょう!

こちらはセット2で更にデバフと射程を伸ばすことができるので、かなり優秀な装備です。

扇同様守りに不安があれば、「朔風」のセット1「受動スキルを放つと、自身の体力を30%回復」もかなり優秀ですね。

更に遠距離に居ながらさらに攻撃距離を増やせる「青天」の「受動スキルの攻撃範囲が25%増加」も優秀です。

セット1で優秀なスキルがそろっている装備が多いので、色んなセットを揃えていいかもしれません。

が、器用貧乏にならないようにご注意を。

まとめ

さて、おすすめの装備を書いてきましたが、装備は8つ箇所があります。

なのでセットが2+2+2+2で4つつけられる…と思いがちですが、このうちの「錦衣」「マント」という項目はアバター装備となっています。

なので、これら二つはセットに入らず、残りの6つで装備を構成していくこととなります。

4+2か2+2+2でしかセット装備ができないので、ご注意ください。

三国天武の君主の装備レシピや鋳造について。

君主には通常装備品「武器」「髪飾り」「上衣」「靴」「指輪」「腕」、特殊装備品「アバター」「マント」といった装備があります。

勿論武将も大切ですが、君主が弱くては意味がない…というわけで、今回は君主の装備レシピや鋳造についてご紹介します!

そもそも君主の装備は鋳造を行うことで手に入れることができるようになっています。

鋳造では材料の配置の順番などを変えることによって、違う種類や箇所の装備を狙うことができます。

この順番の事をレシピと呼びます。

原材料4種、合金製錬4種、補助材料鍛錬3種の48通りがあるので、自分で見つけるのは非常に難しくなっています。

必要なのは「原材料25個」「合金製錬20個」「補助材料鍛錬15個」、そして一つの装備を作るにあたって「精鉄鉱石」と呼ばれるアイテムが必要となっています。

装備は青、紫、橙などのレアリティがありますが、☆とレベルは1で排出されるようになっています。

橙の装備はすべてセット効果が発動して、レア属性が出てくる場合もあるので、やはり狙っていきたいのは橙ですね。

レシピは非常に多く、例えば扇系の「穹盧」ですと、以下のようになっています。

装備 1.武器 2.髪飾り 3.上衣 4.靴 5.指輪 6.腕
1 穹盧 磁性鋼、金砂、晶玉 晶玉、磁性鋼、晶玉 金砂、晶玉、玉髄 晶玉、磁性鋼、金砂 金砂、金砂、玉髄 玉髄、玉髄、磁性鋼

これらを25個、15個、10個で配合することによって、狙った装備を作ることができる、というわけですね。

装備には一つの装備(扇など)にしても8種類の種類があります。

扇ですと「穹盧」「三昧」「栖梧」「雄図」「神恩」「北冥」「滄海」「幽明」とこれだけの種類があり、装備はセットで装備することによってセット効果と呼ばれるスキルが発動することがあります。

この8種類から狙って武器を鋳造していきたいので、レシピはとても大切なものとなっています。

また、鋳造におけるレア属性ですが、例えば扇ですと以下のようなものがつく場合があります。

装備部位 レア属性(橙) レア属性(紫)
1 武器1〜4 通常攻撃の度に攻撃力の9〜15%体力回復 通常攻撃の度に攻撃力の3〜8%体力回復
1 武器5〜8 出陣時6〜10秒の闘気を獲得 出陣時2〜5秒の闘気を獲得
2 髪飾り 攻撃力が12〜20%増加 攻撃力が4〜10%増加
3 上衣 体力が12〜20%増加 体力が4〜10%増加
4 靴 射程が12〜20%伸びる 射程が4〜10%伸びる
5 指輪 初めて体力が20%を下回った時、30〜50%体力回復(治療禁止は無視) 初めて体力が20%を下回った時、10〜25%体力回復(治療禁止は無視)
6 腕 攻撃速度が12〜20%上昇 攻撃速度が4〜10%上昇

レア属性はかなり強力なものばかりなので、鋳造する場合は狙っていきたいところです。

6/17〜事前登録受付中!「ハンドレッドソウル」

6/17からアクションRPGの「ハンドレッドソウル」が事前登録の受付開始!

アクションの気持ち良さに徹底的にこだわっているようです。人気作になるのは必至ですね!

LINE・twitter・メールアドレス・GooglePlayStoreのどれかで、一瞬で事前登録出来ますよ。

事前登録はこちら!

三国天武のリセマラ方法と評価レビュー・序盤攻略をしてみました。

まずは勢力から選びましょう。

初心者の人は何も考えずにおすすめされている勢力でいいと思います。

今回はおすすめの一番上の勢力でプレイしてみました。

いわゆるリアルタイムストラテジーと呼ばれるもので、このように防衛施設を設置することで敵を自動攻撃してくれます。

逆に、防衛施設のある場所に攻め込む場合こちらも防衛攻撃を受けてしまいます。

施設のほかにももちろん武将同士の戦いもあります。

攻め込む場合は出撃する武将などを選択する必要があり、そこから先はオートで攻撃などをしてくれます。

武将によって固有スキルなどもありますので、武将が揃ってきたら組み合わせなどにも注意するといいかもしれません。

武将はガチャで引くことができます。

あたりキャラクターは☆5キャラクターであり、一般的なデータ削除で行えるようですが、三国天武ではあまりリセマラが必要ないとされています。

なぜかというと、この有料ガチャは時間経過で無料で引けるようになるからです。

なので、一人目の武将に時間をかけるよりとにかく最初は武将を多く手に入れるためにガチャを何回も回した方が効率がいいとされています。

将魂ガチャにいたっては10分に一回無料で引けるので、長いチュートリアルを何回もするよりは無料分でガンガン引いていった方がいいですね。

勢力別などではないので、キャラクターの一点狙いは難しそうです。

なお、Facebookを持っている人は連携すると更にアイテムがもらえます。

リセマラ終了後に連携しておきましょう。

最初はまず領地の自分が持っている施設のレベルアップをしていくといいかもしれません。

何を設置すればいいかなどは、チュートリアルを見ながら自分の好みで設置していきましょう。

わからない時はチャット機能で上級者さんに聞くのもアリです!

多くは軍団勧誘(ギルドのようなもの)をしていますので、どこかの軍団に入るのもいいですね。

マップはとても広大です…いつかこの領地すべてを統一できる日がくるのでしょうか。

マップから攻める場所を選ぶほか、他のプレイヤーとのPvPも楽しむことができます。

自分だけの領地を作って、防衛や攻城といった戦いをお楽しみください!

防衛に攻めに、遊び方は無限大です。

本格的な戦略ゲームで三国志の世界を遊んでみましょう。

■三国天武の関連記事も御覧下さい!■

1・2017年版の無双武将は?

2・星7ランキング一覧。司馬懿・姜維・周瑜・張遼等。

3・星6ランキング一覧。陸遜・孫策・許褚等。

4・評価レビューはこちら!

5・おすすめの武器や装備に関しての記事はこちら!

6・シリアルコードの2017年最新の入手・入力方法。

7・福の神の次回はいつ?2017年の周期について。

8・配置のおすすめ。2017年の最新・最強は?

9・天師探宝のやり方と使い方。射程等はこちら!

10・覚醒方法・条件や、優先すべきおすすめスキルはこちら!

11・援軍要請の出し方。将魂や上限等についてはこちら!

12・天武の陣形・編成の最強・おすすめは?コピー方法等についてはこちら!

13・吉札の777枚の集め方と使い道。交換におすすめの武将は?

14・継承強化のやり方・貢献度の上げ方とは?

15・君主の装備レシピや鋳造についてはこちら!

16・君主のおすすめ弓やマント・スキルについてはこちら!

17・栄誉の使い道・継承の強化のやり方とは?

18・天下統一する攻め方はこちら!

19・スキル上げ・強化のコツはこちら!

20・おすすめ兵種はこちら!

21・攻略。宝物ランキングはこちら!

新たな三国志の名作「兵法三十六計ー天下三分」

リリース前から評判が高かった兵法三十六計ー天下三分。

非常にクオリティが高い作品に仕上がっていて、新たな傑作になる予感しかしません。

まだリリースされたてですし、今ならSSRキャラ「大喬」が入手出来ます。

始めるなら絶対に今! こちらからダウンロードしていってください!

Android     ※iOSは未リリース

大三国志は三国志好きにはマストゲーム

大三国志は三国志のスマホゲームの中でもトップクラスの完成度を誇っています。

「我が天下」「三国天武」「新三国志」「大三国志」。

個人的にはこの4つが三国志ゲームの四天王ですね。

もしまだプレイしていない方は、かなり損してますよ。

まだダウンロードしていない方はこちらからしていってください!

iOS    →Android

たったの5秒!今やっているゲームよりも面白いかもしれない三国志ゲームが遊べます。

本格三国志ゲームで、今やっているゲーム以上に面白いかもしれないゲームが、たった5秒で無料で試せるとしたら興味ありませんか?

今までの三国志ゲームとはまた違った雰囲気の「キングオブライフ」という三国志ゲームはダウンロード不要なので、5秒あれば遊び始めることが出来るんです!

キングオブライフのゲーム性は、国中の美女を探して子供を産んで、国を発展させてゆくという、全く新しいタイプの三国志ゲームです。

今までの三国志ゲームとは少し異なるシミュレーションゲームですが、もしかしたら天地の如くよりも面白いかも!?と感じています。

今遊んでいるゲームとキングオブライフを同時進行で遊んでいくというのもありですね!

今なら五虎大将軍のうちの一人の超強力な武将「黄忠」がスタート時に入手出来ますし、始めるなら絶対に今ですよ!

無料でゲームをプレイするには、こちらをタップ!(スマホ・PC・タブレットもOK)

 

もし仮に気に入らなかったら、すぐに遊ぶのをやめてOKなので、気軽に遊んでみてください〜。 無料だし、5秒でスタート出来ますので!

 

というわけですが、記事を読んでいただいてありがとうございました!

ここからはこの記事を読んでいる方や、このジャンルが好きな方に人気のあるゲームを紹介しているので、是非一度チェックしてみてください!

6/17〜事前登録受付中!「ハンドレッドソウル」


6/17からアクションRPGの「ハンドレッドソウル」が事前登録の受付開始!
アクションの気持ち良さに徹底的にこだわっているようです。人気作になるのは必至ですね!

LINE・twitter・メールアドレス・GooglePlayStoreのどれかで、一瞬で事前登録出来ますよ。

事前登録はこちら!

ドラクエやFFにハマったあの頃の熱い気持ちに戻れる!?
2018年最大のヒット作で、現在のスマホゲームで一番面白いRPGをご存知ですか?


・ドラクエやFF並の王道RPGで、RPG好きは毎日が楽しくなる!
・今なら新規ユーザー限定で、星5キャラを2人&3500万ゴールド入手出来る!


「キングスレイド」は最も完成度が高いスマホゲームのRPGと言っても過言ではありません。
その証拠に2018年に出たスマホゲームで最もヒットしたRPGで、Google Playでの140,000人のユーザーからの評価も4.4と異常に高いです。


戦闘シーンはこんな感じで大迫力!
育成要素も半端じゃないので、かなりやり込めます。


そして嬉しいのはキャラガチャが無い事です。
魅力的なキャラが60体以上いますが、始めてすぐに推しキャラが手に入ります。


王道のRPGなので、どんな系統のRPGが好きな場合でも楽しめる作品です。
そして今なら新規ユーザー限定で星5キャラが選べるチケットが手に入るので、リセマラも必要ありませんよ。

どうするかはあなた次第ですが、通勤時間やちょっとした隙間時間を今よりちょっと楽しい時間にしたいなら、無料でダウンロードしていってくださいね!

→キングスレイドを「無料」で遊んでみる場合はこちらをタップ!

※DLの所用時間は1分以内。 公式のストアに飛ぶので、そちらでDLしてください。 もし仮に気に入らなかったら、すぐにアンインストール出来ます。

リネージュMがスマホに降臨!


あのMMORPGの伝説「リネージュM」がスマホゲームで登場!

長期間遊べるように設計されており、本格的なゲームをやりたい人には最適ですね。
気軽に遊ぶ感じのゲームではないですが、長く遊びたいゲームを探している方は遊んでも損はないですよ。

こちらから無料でダウンロードしていってください。

iOSで無料ダウンロードはこちら!

Androidで無料ダウンロードはこちら!

4月15日に平成最後の超大作RPGがリリース!
あなたはスマホゲームで泣いた事がありますか?
映画よりも映画的な演出で、かつてない感動的なストーリーの盛り上がりは頂点に!


ドット絵の美しさ、育成要素の深化と、「ラストクラウディア」の魅力は底知れません。
その中でも最も重要な魅力は、ストーリーの奥深さ。

映画よりも映画的なストーリー展開を体験したら、今後何年間かは感動の余胤を引きずる事になるかもしれません。
このゲームをダウンロードして、平成最後の超大作RPGの生き証人になるかどうかは、あなた次第です。

→ラストクラウディアを「無料」で遊んでみる場合はこちらをタップ!

※DLの所用時間は1分以内。 公式のストアに飛ぶので、そちらでDLしてください。 もし仮に気に入らなかったら、すぐにアンインストール出来ます。

新たな三国志の名作「兵法三十六計ー天下三分」


リリース前から評判が高かった兵法三十六計ー天下三分。
非常にクオリティが高い作品に仕上がっていて、新たな傑作になる予感しかしません。

まだリリースされたてですし、今ならSSRキャラ「大喬」が入手出来ます。
始めるなら絶対に今! こちらからダウンロードしていってください!

Android     ※iOSは未リリース

5月28日リリース!最新MMORPGの「MU:奇跡の覚醒」


非常に本格的なMMORPGがリリースされました。

MMORPGに求められる要素が全て入っているような内容ですね。
放置して遊べる様な一面もあるので、まずは遊んでみてピンとくるようであれば継続して遊ぶというのが良いと思います。

iOSで無料ダウンロードはこちら!

Androidで無料ダウンロードはこちら!


というわけですが、最後までお読みいただいてありがとうございました!!

スポンサーリンク

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアでシェアしてください!



1件のコメント “三国天武の主君のおすすめ武器装備はどれ?剣・弓・扇・錦衣。”

  1. アヒル より:

    いいですね!

皆でこのゲームについて語り合いましょう!
お気軽にコメントをどうぞ!

また、各ゲームの招待コードやサークル・ギルド勧誘・フレンド募集等にもご利用ください!

※※コメントは手動で反映させております。時間帯によっては表示させるまでにお時間がかかることがございます。何卒、ご了承下さいませ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ