遊戯王デュエルリンクスの闇遊戯のデッキやスキル、周回について攻略。

遊戯王デュエルリンクス 闇遊戯 デッキ スキル 周回 攻略

%e9%97%87%e9%81%8a%e6%88%af

▶︎遊戯王デュエルリンクスの攻略記事特集はこちら!

0f_bizfhlybsroh1481390370_1481390600

今回は「闇遊戯」のスキルを中心に話を進めて行きます。簡単にですが、彼を周回することで得られるカードについても触れておきます。
まずは彼の持つスキルを見てみましょう。闇遊戯の所有スキルは以下の通りとなっています。

b_simple_92_2l

闇の力……レベル4で修得。「闇」をデュエル開始時から発動できる。

ドローセンス:魔法・罠……レベル14で修得。自分のライフが1800減る毎に、通常のドローを行う代わりにランダムで魔法・罠カードをドローする。

魔導招来……レベル20で修得。自分のライフが1800減る毎に、通常のドローを行う代わりにランダムで魔法使い族モンスターをドローする。

ディスティニー・ドロー……ドロップスキル。自分のライフが2000減る毎に、通常のドローを行う代わりに任意のカードを選んでドローする。

b_simple_92_2l
「闇の力」はここまでの記事内でも何度も考察してきましたが、使用することでフィールド魔法「闇」をデュエル開始時から発動でき、モンスターを展開・維持しやすくなる特徴があり、特に【エレメントビート】と組み合わせれば、デッキの実力を一線級に昇華させます。

スポンサーリンク

ドローセンス:魔法・罠に関しては、現状やや使いづらく、これといった利用法が思いつかないものの、魔導招来はレジェンドデュエリストを周回する際に重宝するデッキ【ケルベロスビート】(バックナンバー参照)を構築するために必須なスキルです。

ざっとここまで見ても、戦闘からコンボまでそつなくサポート出来るスキルが一通り揃っており、スキル構成には無駄が無いと言えますが、そこにディスティニー・ドローまで併せ持つのは流石に主人公というべきでしょうか。優遇されています。

上記の通り、ディスティニー・ドローは発動すれば好きなカードを手札に加えることが出来ます。
相手に場を制圧されている状況であろうと、このスキルを発動すれば打開する手段を確実に手札に引き込むことが可能です。

何らかの手段でわざとライフを減らし、強力なコンボのパーツを揃えることも考えられるでしょう。
現実の遊戯王OCGにおいて、一般にディスティニー・ドロー(デスティニー・ドローと発音されることの方が多いですが)と言えば「土壇場で逆転できるカードを引き当てること」を意味しますが、このスキルはそれを確実に成功させることが出来るのです。

加えて言えば、これも現実のOCGにおいて、たとえば「クリッター」であるとか「増援」であるとか、手札に特定のカードを加えることの出来る「サーチャー」ないし単に「サーチ」と呼ばれるカード群は軒並みその使用が制限されているのです。

しかも、それらのカードですら「攻撃力1500以下のモンスター」であるとか、「戦士族モンスター」であるとか、サーチする対象を限定している場合がほとんどなのです。
無制限に好きなカードを手札に加えられるこのスキルが弱いはずがありません。

そのうえ、これはスキルですから、サーチ系カードと違って手札から発動したり一度場に出す必要がありません。ただ、2000ポイントのダメージを受ければ必ず発動するのです。

b_simple_92_2l

「好きなカードを好きなときにドローできる」とは、闇遊戯の持つ類稀なドロー運に関するイシズの言及ですが、恐らくはこの発言がこのスキルの元ネタでしょう。
原作のあるゲームとしてはこの上ない原作再現ですが、しかし、よりにもよってな能力をやけに簡単な制約で実装してしまったようにしか思われません。
悪用の手段は無限に思いつきます。このスキルをうまく運用すれば後攻1キルの成功率を飛躍的に高めることができるでしょう。

素朴な疑問として何故、闇遊戯は原作において【マスドライバー1キル】とか【現世と冥界の逆転】辺りのワンキルデッキを使っていなかったのでしょうか?

彼がそれらのデッキを駆使してさえいれば、原作で何話にも渡り壮絶に繰り広げられた対海馬であるとか対マリクといった難デュエルの数々をわけなく3コマ以内に決着することができたでしょう。

スポンサーリンク

絵面としては闇遊戯が「暗黒プテラ」を「マスドライバー」で撃ち出し、手札に戻ってきた暗黒プテラを「血の代償」で召喚してまたマスドライバーで撃ち出すことを無限に繰り返すだけとなり、読者にとってそれは非常に退屈でしょうが、ライバルには勝てますし、恐らく呆れた海馬は遊戯をつけまわすのを金輪際やめてくれますし、大事なものを守ることだってそんな簡単な単純反復作業で出来るのです。

しかも確実ですから、命を賭けた闇のゲームにおいてそれらのデッキを使うことはこの上ない至高の選択でしょう。
闇遊戯は彼なりに彼の立場を慮って、チーターだとかイカサマ師だとか呼ばれることは避けたかったのでしょうか。
名もなきファラオも名も無き不特定多数からの批判を恐れていたのでしょうか。

当然ながら、答えはノーです。原作と現実のカードプールの違いがその原因でしょう。

たとえば、原作の決闘都市編では「相手に直接ダメージを与えるカード」、つまりバーンカードはその使用を禁止されていましたし、そもそも存在するバーンカードの中でも強力なものが「デス・メテオ」程度である原作世界において、マス・ドライバーのカードが存在するかどうかも怪しいところです。

同じように、現実で行える強力な1キルコンボのカードのほとんどが原作には存在しない可能性が高く、つまるところ、闇遊戯は強力な1キルデッキを使わなかったのではなく、使えなかったのではないでしょうか。

主人公であるからワンキルを好まず使用しなかったという説も提唱出来ない訳ではありませんが、その割に過去のゲーム作において彼は「マグネット・バルキリオン」を活用した1キルを喜々としてプレイヤーに叩き込んで来るのです。ワンキルが使えるのならば、やはり使うに違いなく、使えなかったから説は俄然濃厚でしょう。

b_simple_92_2l

非常に話が回りくどくなってしまいましたが、今の話がこのスキルの評価に繋がっています。
性能単体を評価すれば、それは確かに強力なスキルなのですが、しかし法外とはいえません。
現環境にディスティニー・ドローによって完成してしまう凶悪なコンボが存在していないためです。

ひいては、そういった凶悪コンボを形成できるようなカードプールが現在のデュエルリンクスにはないことが原因です。
現状、ディスティニー・ドローは、採用することによって、ダイダロスのダイレクトアタックを受けて返しにフォースを使って突破するであるとか、スーガに対して突破手段である突撃指令をドローしてくるであるとか、そういった受動的な使い道ばかりが主な用途になってしまっています。

現存する恐らく唯一の1キルであるカラテマン1キルにおいては、必須パーツの少なさと、そもそものデッキ枚数の少なさのため、2000ポイントダメージを受けて発動するスキルに頼るよりも確実な手札交換カードや、バンデット・キースのスキル「スリカエ」などの1人で発動できるものを利用した方が1キル成功率が高まる始末です。

とはいえ相手の強力なアタッカーやエースに対する対抗策を引き込めることはやはり強力ですし、あくまでもこれは現状の話ですから、今後カードプールが拡張され、凶悪なコンボが登場すればするほど、ディスティニー・ドローの評価は上がっていくことでしょう。

b_simple_92_2l
さて、冒頭で予告した彼を周回して手に入るカードに話を移しましょう。

現在彼のレベル40が落とすカードは彼のエースである「ブラック・マジシャン」と、そのサポートカードである「千本ナイフ」や、その他にも「死のマジック・ボックス」、「カタパルト・タートル」、「幻翼獣キマイラ」とその融合素材一式などですが、困ったことにこれらのカードの性能はどうもいまひとつです。

「死のマジック・ボックス」は「迷える子羊」などとのコンボが成立するうえ、リバースモンスターが跋扈する現環境において相手モンスターを裏側のまま除去可能であるため、採用出来るデッキこそ少ないもののまずまず強力ですが、それ以外に関しては、熱心な闇遊戯ファン或いはブラック・マジシャンファンでない限り、取得したとしても持て余すものばかりです。

 

たとえば「幻獣王ガゼル」は攻撃力1500と、現環境では平均値下限程度の攻撃力を持つ通常モンスターです。
残念なことに獣族ですから、「山」や「闇」では強化できず、環境で主流の【海】デッキで良く使われている下級アタッカー「満潮のマーマン」が海の補正を受けていない状態でも彼に手出しが出来ません。

「走る速度が速すぎてその姿が幻のように見える」らしいのですが、「水の中を自在に泳ぐ半魚人」に一方的に負けてしまうのでは、デッキに投入される未来もまた幻に終わるのが関の山でしょう。
いちおう、サポートカードとして、召喚することでガゼルをサーチ出来る「バフォメット」が存在していますが、こちらは星5の上級モンスターであるため、ガゼルをサーチしたところでアドバンテージを稼げないのが残念なところです。

召喚そのものは「デス・ハムスター」を活用すれば難しくありませんが、ガゼルを手札に加えた後融合を発動したとして、手札を浪費して出てきたキマイラの攻撃力は2100止まり、あろうことか「紅陽鳥」にすら戦闘で敗北するのです。幻獣であるうえ、しかもその王を融合素材とする割にはあんまりな攻撃力でしょう。

闇遊戯レベル40がしばしば場に出してくる「幻獣クロスウィング」さえあれば、墓地に居るクロスウィングの数×300ポイント分幻獣がパワーアップするため、【幻獣】デッキが構築できるのですが、その肝心のクロスウィングを遊戯はドロップしないのです。

挙げ句の果てに、やけに闇遊戯がドロップする「カース・オブ・ドラゴン」と「暗黒騎士ガイア」は融合することで「竜騎士ガイア」となるのですが、その竜騎士ガイアをやはり闇遊戯はドロップしません。

カース・オブ・ドラゴンは星5で攻撃力2000ですから、同じレベルで攻撃力が200高い「ジャッジマン」に劣ります。
暗黒騎士ガイアに至っては星7で攻撃力2300と、ともすると何らかのフィールド魔法の補正を受けた星5か6のモンスターに戦闘破壊されかねない数値です。

そもそも、暗黒騎士ガイアはフレーバーテキストいわく「風より速く走る馬」に乗って突撃するだけで攻撃力2300を叩き出していますが、明らかにその馬より速く走る、それこそ「速すぎて幻に見える」幻獣王ガゼルは何故攻撃力1500なのでしょうか。

とにかく以上のように、闇遊戯を周回して得られるものは少なく、すくなくとも今現在の時点で彼を周回して倒す必要性はほとんどありません。

【ブラック・マジシャン】を構築したいなら話は別ですが、彼の落とすブラック・マジシャンのイラストは族に石版バージョンと呼ばれ、原作などで馴染みのある格好良いイラストではないことに注意しておきましょう。

▶︎遊戯王デュエルリンクスの攻略記事特集はこちら!

0f_bizfhlybsroh1481390370_1481390600

このゲームを遊んでいる方にお勧めのスマホゲーム一覧!

魔王の約定

unnamed
剣と魔法と機械のファンタジーRPG!
英雄同士には相性やスキルコンボもある為、 どの英雄を獲得・育成するか、戦略を練る楽しさもガッツリ存在!

▶︎魔王の約定の詳細はこちら!
001-1

HIT

upD4pMmJcLkrH3AaDDodsgu5b60dKOKG72uq0kabyDFr2qFX1Ol1qj9xwwiN6Tydml1-=w300

圧倒的なグラフィックで迫るアクションRPG!
全世界1300万DLされていて、はっきり言ってめちゃくちゃ面白い!

▶︎HITの詳細はこちら!
unnamed (1)

一血卍傑(イッチバンケツ)

8a7f87fa99ceb3ebdb24ac6e55520310

血を混ぜ、世代を超える秘儀「一血卍傑」により生まれし英傑を率い、悪霊を討伐ち滅ぼせ!
和風伝奇シミュレーションの超傑作!

▶︎一血卍傑(イッチバンケツ)の詳細はこちら!

468x60_85fb34f6c7f22d655efb33a9060c0bd3-4a334

ホウチ帝国

35cf3d699998e56aa69de25a4154f5ea

TV番組「教えて!アプリ先生」や「アプリゲット」で紹介された話題のアプリです!
ゲーム名通り、放置しているだけでレベルはどんどん上がっていきます。
でもやり込み要素たっぷりでスルメのような面白さがあるゲームです!

▶︎ホウチ帝国の詳細はこちら!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-2-02-54

モンスタースーパーリーグ

512x512bb (1)

戦略的キャラ集めRPG!
愛しくて可愛いスターモンを集めまくれ!
ユーザー満足度が恐ろしく高い名作です!

▶︎モンスタースーパーリーグの詳細はこちら!
unnamed

#コンパス

yjimage

3分で運命が決まる! スピーディな陣取りバトル!
3Dフィールドを駆け回るヒーローを操り、仲間と共に勝利を目指せ!
ニコニコ動画で活躍する絵師・ボカロPがヒーローをプロデュース!

▶︎#コンパスの詳細はこちら!
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-28-0-59-46

遊戯王デュエルリンクスの攻略記事特集

512x512bb

遊戯王デュエルリンクスのマニアックな攻略記事特集を作成しています!
かなり本気で追求し、充実した内容になっていると思いますので、プレイしている方は是非ご覧下さい。

▶︎遊戯王デュエルリンクスの攻略記事特集はこちら!
0f_bizfhlybsroh1481390370_1481390600

オーシャン&エンパイア

js_img_115971_1

時は、大航海時代 - 冒険とロマンに溢れていた大航海時代で領土を発展させ、 志を共に する仲間を一緒に帝国軍に立ち向かおう!
艦船を建造し、兵士を訓練させ、同盟と協力 し、海上の覇者になれ!

▶︎オーシャン&エンパイアの詳細はこちら!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-02-17-52-03

スポンサーリンク

オススメのスマホゲーム一覧です!
以下のバナーから各ゲームを紹介したページへ行けます。
そちらで無料でDLも出来ますので、是非見てみて下さいね。

⬇︎ホウチ帝国⬇︎


⬇︎ヴァルキリーコネクト⬇︎


⬇︎それ以外のおすすめゲームのランキング記事⬇︎


⬇︎遊戯王デュエルリンクスの攻略記事特集⬇︎
0f_bizfhlybsroh1481390370_1481390600

コメント

コメントは手動で承認している為、反映するまでにお時間がかかることがございます。何卒、ご了承下さいませ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ